がらくたぶろぐ【がらくたがーでん】blog版

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
公正取引委員会と食玩とドリンクキャンペーン 【1】 23:59
 さてさて、読売新聞の【ペプシおまけのガンダムは「懸賞品」…公取委が注意】の記事を受けて、テレビのニュース番組や情報番組でも今回の件が取り上げられ、いろいろなところで盛り上がりを見せているようで、ネット上でもブログや掲示板などを中心に話題になっている(話題にしている人が多い)ようです。

 そういった中で、公正取引委員会が「ブラインド方式」の「ドリンクキャンペーン」の“おまけ”に対して「NO」と判断したことで、今後は「ブラインド方式」の「食玩」の“おまけ”に対しても「NO」と判断するんじゃないか? 公正取引委員会のせいで、食玩がなくなる… といったご意見が至る所で見受けられますが… 実は、基本的に「ドリンクキャンペーン」の“おまけ”と「食玩」の“おまけ”は、法律上は“別物”という扱いになっているということをきちんと理解しておく必要があるかと思います。

 まぁ、いわゆる“食玩ブーム”という時代の中で、「食玩」も「ドリンクキャンペーン」も同じ“おまけ”という大まかなジャンルの中で語られ続けたこと、今回の公正取引委員会の判断が“「ブラインド方式」に対する否定”として捉えられていること、ニュースソースとなっている読売新聞の記事で、中途半端にロッテの「ビックリマンチョコ」のことにも触れていて、混乱を招く内容になっていることなど、「食玩」と「ドリンクキャンペーン」を混同してしまってもしょうがないのかな… という状況ではあるんですが…(^^;

 で、「ドリンクキャンペーン」と「食玩」との違いについてですが… 分かりやすくするために、ある“フィギュア”が“ドリンク”または“菓子”に“おまけ”として付いてくる場合で考えてみましょう。

・「ドリンクキャンペーン」の場合
 通常、“ドリンク”は“おまけ”がなにも付いていない状態で販売されています。 ところが、販売促進のためにキャンペーンが展開されると、“フィギュア”が“おまけ”として付いてきます。 このとき、“おまけ”が付いていない“ドリンク”と“おまけ”が付いている“ドリンク”に価格の差はなく、“フィギュア”は“ドリンク”という商品に付いてくる完全な“おまけ”ということになります。
 こうした場合、この“おまけ”は『不当景品類及び不当表示防止法』(通称『景品表示法』)が定める「景品類」に該当し、同法によって限度額などが制限されます。

 
・「食玩」の場合
 「食玩」について、“菓子”の“おまけ”として“フィギュア”が付いてくると考えられがちですが、正確には“菓子”と“フィギュア”という2つの商品をセットで販売している1つの商品という扱いになります。 “菓子”+“フィギュア”の合計が価格として設定されているため、“フィギュア”は“おまけ”ではなく1つの商品(または商品の一部)ということになります。
 一般的には“おまけ”と思われていますが、あくまで“おまけ”ではなく商品(の一部)なわけですから、『景品表示法』が定める「景品類」には該当しないため、制限などは受けません。

 …と、簡単にまとめるとこんな感じになります。 まぁ、要は「ドリンクキャンペーン」の場合は『景品表示法』という法律で制限を受けるけど、「食玩」の場合は『景品表示法』は基本的には関係ないということです。 今回の公正取引委員会からサントリーに対しての“注意”は、この『景品表示法』に基づいたものですので、この“注意”が直接的に「食玩」に影響を及ぼすことはないはずです。

 次回、この『景品表示法』についてもうちょっと詳しく書きます。
| 公正取引委員会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by もも♂
スポンサーサイト 23:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://garakuta-momo.jugem.jp/trackback/21
<< NEW | TOP | OLD>>