がらくたぶろぐ【がらくたがーでん】blog版

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
公正取引委員会の通達 08:53
 「景品表示法」と「食玩」、「ドリンクキャンペーン」の関係についていろいろ書こうと思っていたら、読売新聞にタイムリーな記事が…


【ペプシおまけのガンダムは「懸賞品」…公取委が注意】

中が見えない袋に入った人気アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクター模型は、消費者の射幸心をあおる「懸賞品」に当たると判断された。約20年前には、ロッテ(東京都新宿区)がシール付きの「ビックリマンチョコ」で同様の注意を受けており、コレクター心理をくすぐる販売戦略に再び「待った」がかかった。

サントリーは2003年9月から、32種類の「ガンダム」の模型のうちいずれか1種類を袋入りのおまけにして、「ペプシツイスト」ボトル缶などの販売を始めた。おまけは全商品についていれば、通常は「景品」とされるが、ペプシの場合、いくら商品を買っても全種類を集め切れるかどうかは運に左右されるため、公取委は「懸賞品」と認定。懸賞品の価格は商品価格の2%以下でなければならないが、今回はこの制限を超えていたという。

公取委などによると、模型の中には、めったに入手できない「レアもの」もあり、全種類を集めようとして大量に商品を購入し、飲料のみをインターネットなどで販売するコレクターもいた。全種類そろった模型は、ネットオークションで10万円前後で売買されているという。

公取委は9月末、サントリーに注意を出すとともに、全国清涼飲料工業会にも、同じような販売手法を取らないよう要請した。サントリーは審査中だった同月上旬に、袋を透明なものに変更した。

サントリー大阪広報部は「9月から透明化したのは当社独自の判断」としたうえで「飲料業界の一員として、公取委の指摘に従いたい」としている。

 この記事のおかげで、宮脇修一・海洋堂社長兼任専務がコラムに書いていた「公正取引委員会からの通達」の具体的な中身、通達が出された時期、通達の対象など、モヤッとしていた部分がハッキリしました。 なるほど、そういうことだっのか…

 ところで、リンク先の記事内に“公取委などによると、模型の中には、めったに入手できない「レアもの」もあり、全種類を集めようとして大量に商品を購入し、飲料のみをインターネットなどで販売するコレクターもいた。全種類そろった模型は、ネットオークションで10万円前後で売買されているという。”って部分がありますが… フルコンプセットでも「ネットオークションで10万円前後で売買されている」ような商品に心当たりがないのですが… ちゃんと市場調査してますか? >公正取引委員会様
| 公正取引委員会 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by もも♂
スポンサーサイト 08:53
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://garakuta-momo.jugem.jp/trackback/19
<< NEW | TOP | OLD>>