がらくたぶろぐ【がらくたがーでん】blog版

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
海洋堂、食玩から撤退?の真相 11:49
 ネット上でも、オフラインの席でも、食玩コレクターの間では「海洋堂が食玩から撤退するらしい」というウワサがまことしやかにささやかれている今日この頃… 中には、具体的な撤退スケジュール(○月の新商品を最後に食玩市場からは撤退…など)まで、さも“すでに決定済みの事実”かのように語られている場合もあったり…

 そういう人たちにニュースソースの提示を求めると、大概の場合は「宮脇専務が『TV Bros.』の連載で撤退を宣言した」という答えが返ってきます… えぇっと… どうやら、「専務の異常な愛情」最終回での“我々はドリンクキャンペーンから撤退するだろう”という宮脇専務の発言が、いつの間にか「食玩撤退宣言」という形になってるみたいですね…

 情報のセンセーショナルな部分のみが一人歩きして、そこに伝聞・推定が紛れ込んでいるみたいで、典型的な“伝言ゲーム状態”だなぁ… なんて思いながら、自分のブログの10月13日分【海洋堂 ドリンクキャンペーンから撤退?】を読み返してみると… ありゃ? 自分も本文の中から数行をピックアップし、食玩全般の話と絡めて書いてるし… こういう編集された情報のみをもとに判断すると、「食玩撤退宣言」みたいな話になっちゃうのかも… と、ちょっと反省…

 つーか、「食玩撤退宣言」だと思い込んでいる方も多いようなので、ぜひ、コラムの全文を読んでみて下さい。


専務の異常な愛情

それでも、海洋堂はフィギュアの居場所を拓き続けるのだ

●小学館と組んで発売した「週刊日本の天然記念物」は、海洋堂の出したフィギュアシリーズの金字塔である。 とにかく才能と原価を惜しげもなくつぎ込み、赤字を出しながらひとつのフィギュアにすさまじい手間と塗装工程をかけた。 我々の他のオマケフィギュアとは桁違いのクオリティ。 もう二度とは出来ないだろう、海洋堂の代表作シリーズだ。 この動物フィギュアシリーズが780円で毎週書店で買えるという状況はどんな結果をもたらしたか? たいして売れなかった。 食玩が大ブームになり、海洋堂の名がとどろき渡り、同じ松村の作ったフィギュア入りのチョコエッグが1億個売れていた時代にだ。
●判っていたことだったが、私たちは再び確信した。 「フィギュアなど本気でほしがっているヤツなんかいない。 金を出してフィギュアを集めたがるヤツなんかいない」。 食玩やガチャポンは、フィギュアを買ってるのでなく「ギャンブルの景品」だからこそ、皆集める気になる。 そのことに誰も気づいていない。 UFOキャッチャーのチープなぬいぐるみ自体を100円出して買う人間はいない。 あれは「ゲームの景品」だから、なぜか欲しくなるものなのだ。
●「食玩ブーム」で少しはその意識はかわったかと思ったら、そうではなかった。 甘かった。 フィギュアを「買う」という概念は、生まれていなかった。 だが、この状況を変えねば我々模型屋の明日はない。 だから“フィギュアバブル”のうちになんとかその面白さに目覚めさせ、可能性を示すための新機軸を打ち出しつづけてきた。 あらゆるプラットホームを求め、これまでフィギュアになったことのない題材ばかりを扱い、より広いところにフィギュアを行き渡らせるためにありとあらゆることをしてきた(ブロスで連載したりね!)。 そのためには「ギャンブルの景品」にフィギュアを貶めることさえ厭わなかった。 そうしなければ、誰もフィギュアを手に取ってくれないのだから。 単なる景品だと思って手にしたものが「感動」を与えることを祈って知恵をしぼってきた。
●我々の5年間は何かを変えただろうか? いや、残念ながら半歩も進められなかったようだ。 同業他社でさえ我々が考えている危機感を感じていない。 そして、我々が築き上げてきた文脈を知ろうともせず、「ブラインドのドリンクおまけキャンペーンは客の射幸心をあおるけしからぬものだから、中に何が入っている明記しなければならない」などという通達を公正取引委員会が、数日前に出してきた。 これがいい大学を出た日本の役人の正体だ。 未開拓地を拓こうと苦闘している意志の邪魔をすることが自分たちの仕事だと心得ている。
●食玩ブームがすぎ、人気キャラクターに頼らない「本当の意味で面白い冒険ができる最後のフィールド」であったドリンクキャンペーンも、これで骨抜きになった。 「いいフィギュア」だけでは、まだ通用しないのだ。 どうしてそれが判らないのか。 我々はドリンクキャンペーンから撤退するだろう。 あるいは、冒険心のない、キャラに頼ったユーザーに媚びるだけのラインナップのシリーズを、口に糊するためだけに手がけるのだろう。
●仕方がない。 また新たな可能性をゼロから構築していくだけだ。


 …と、まぁ、こんな感じで、語られているのは、宮脇・海洋堂社長兼任専務が前々から「持論」として展開している“日本人はフィギュアなんて買わない!”という話と“海洋堂がフィギュアの素晴らしさを啓蒙しても、状況は変わらなかった”という話…
 そして、“公正取引委員会が余計な横槍を入れてくれたおかげで、「本当の意味で面白い冒険ができる最後のフィールド」であったドリンクキャンペーンからも撤退せざるを得ないだろう”という話と“なにも分かってない公正取引委員会への怒り”…

 これを「食玩全般からの撤退宣言」と読み解くかどうかは個人個人の判断、真相は宮脇・海洋堂社長兼任専務のみぞ知る… といったところなんでしょうが…

 個人的には、フィギュアを取り巻く環境は以前と変わりがない(あるいは“食玩ブーム”“フィギュアブーム”の終焉が見え始め、むしろ悪化している)状況の中で、「ファーブル昆虫記」やサッポロの「物産展」シリーズなど、それ単体では商品化が難しい企画も、ドリンクキャンペーンというフィールドでは実現可能だったが、そのフィールドさえもお役人が奪ってしまった。 そんな中でも、海洋堂は“また新たな可能性をゼロから構築していくだけだ”という決意表明だと思いますが… まぁ、その“新たな可能性”がどういったベクトルになるのか? はたして、食玩なのか? は、今後の注目かと…

 今の食玩市場が置かれている様々な状況を考えれば、そう遠くない未来に海洋堂が食玩から撤退するということもあるかもしれませんが、今回の「ドリンクキャンペーンから撤退するだろう」宣言=「食玩全面撤退」という話ではないと思うんですが…
| 海洋堂 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by もも♂
海洋堂 ドリンクキャンペーンから撤退? 23:59
 昨日発売の東京ニュース通信社の『TV Bros.』最新号で、宮脇修一・海洋堂社長兼任専務の連載『専務の異常な愛情』が最終回を向かえました… 『TV Bros.』は、岡田斗司夫氏の連載『おたくの迷い道』が2001年に打ち切られるのと同時に買わなくなったんですが、宮脇専務(当時)の連載が始まってからは買い続けていました。 でも、これでまた“金を払ってまで読みたい連載”がなくなったので、次号以降の『TV Bros.』は買わなくなるでしょう…(^^;
 ちなみに、『おたくの迷い道』は岡田斗司夫氏のサイト【OTAKING SPACE PORT】にて無料公開されていますので、興味がある方はぜひご一読を…

 さてさて、その『専務の異常な愛情』最終回で、驚きの発表が!
 なんでも、“「ブラインドのドリンクおまけキャンペーンは客の射幸心をあおるけしからんものだから、中に何が入っているか明記せねばならない」などという通達を公正取引委員会が、数日前に出してきた”そうで…
 これに対して、宮脇社長兼任専務は同コラム内で“食玩ブームがすぎ、人気キャラクターに頼らない「本当の意味で面白い冒険ができる最後のフィールド」であったドリンクキャンペーンも、これで骨抜きになった。(中略)我々はドリンクキャンペーンから撤退するだろう”と発言。 (赤字は原文をそのまま抜粋)

 この“公正取引委員会からの通達”というのが、いつ出されたものなのか? どういった内容なのか? という点が不明なので、なんとも言えないところですが… ペプシの「GET!! ガンダムSEED キャンペーン」がオープンパッケージで「?」と感じたけど、それもこういう背景があったからなのかな? まぁ、そのペプシはいまだに売れ残っていたりするんですが…

 なんだろうねぇ… 「ドリンクキャンペーン」=「射幸心を煽る」=「ギャンブル」だからやめろって… この理論でいくと、食玩もBOX売りのフィギュアも「ブラインド方式」=「ギャンブル」になっちゃいそうな勢いだなぁ…
 食玩などのフィギュア、特に海洋堂のおまけフィギュアのようにコストがかかるフィギュアは薄利多売を基本にしていて、中になにが入っているか分からない→フルコンプするまでor自分の欲しいフィギュアが出るまで複数買う→全体での売り上げを上げて製作費用をカバーする… っていうサイクルで成り立っている部分があるのに…

 ただでさえ「食玩ブーム」なんて幻想は打ち砕かれているっていうのに、お役人様まで文句を付けてくる様じゃ、ますます寂しい時代になっていくんだろうなぁ…
| 海洋堂 | comments(2) | trackbacks(1) | posted by もも♂
「WF20」開催中止 【2】 23:59
 さてさて、海洋堂が鳴り物入りで推し進めてきた「ワンダーフェスティバル」生誕20周年スペシャルイベント「WF20」が中止になったわけですが…

 【「WF20」公式サイト】「WF20開催中止のお知らせとお詫び」で発表された情報を整理するとこんな感じに…

・「WF20」に参加できるのはWF20製作委員会が選抜した100ディーラーのみ
・過去の実績などを参考に150ディーラーに「WF20」ディーラー参加申し込み書を発送
・WF20製作委員会(または海洋堂)は「WF20」開催の自己規約として80ディーラーを設定
・実際に「WF20」への参加を申し込んだディーラーは43ディーラー

 WF20製作委員会によって発表されたのは、以上の「ディーラー」の参加申し込み状況のみで、「一般参加者」およびイベント2日目に予定されていた企業出展スペースの「参加企業」の参加申し込み状況については不明…

 肝心の「WF20」が開催中止になった(開催中止に“した”)理由については、簡単に言っちゃうと「参加ディーラーが予想以上に少なかった」からだそうで… 前述の通り、150ディーラーに呼びかけて43ディーラーからしかリアクションがなかったという惨敗ぶり… まぁ、ディーラーの方々が「不参加」という選択をしたのは、それなりの理由があったからだと思うんですけどねぇ…

 つーか、「参加ディーラーが予想以上に少なかった」ということを開催中止の理由として公式発表していますが、以下の矛盾点はどう説明するつもりなんでしょうか?

【「WF20」開催中止のお知らせとお詫び】より抜粋
8月31日をもちまして締め切らせていただいた選抜ガレージキットディーラー様の参加申し込み状況が思わしくなく、我々がイベント実施への自己規約として設定していた「80件」という申し込み数には遠く及びませんでした。その事実を公にすることなく、しらっと二次募集、三次募集をかけ、イベントとしての規模と体裁を保つことも可能だとは思いましたが、関係者一同にて協議を重ねたところ、「イベントを成立させること自体が目的化してしまうくらいならば思い切って開催を中止したほうがよい」という結論に至ったことをここで報告させていただきたく思います。

【「WF20」公式サイト】ディーラー参加者向けFAQより抜粋
参加申込み書の発送が私たちからの一方的なラブコールである以上、先方の都合から「フラれる」というリスクがあるわけです。それゆえに、もしもフラれた件数が多く、予定参加ディーラー数を割り込んだ場合には、二次募集というかたちで今度はオープンにディーラー参加募集を行う予定があります。

 参加申し込みディーラーが100を超えなかった場合の対応について、公式サイトでは“二次募集というかたちでオープンにディーラーを募集する”と書いておきながら、“しらっと二次募集、三次募集をかけ、イベントとしての規模と体裁を保つよりも、思い切って開催を中止する”って結論が出てくるのはなんででしょう? 参加申し込みをした43ディーラー以外には総スカンを喰らってスネているんでしょうか?
 “自己規約の「80件」”という数字も、突然出てきた話で、最初に“参加申し込みが80ディーラー以下だった場合、開催しない”と宣言していたならともかく、1度でも世に出した企画に対して、勝手に設定した“自己規約”に達しなかったから中止にします… っていうのは、イベンターの姿勢として疑問が残ります…

 つーか、通常のワンフェスのディーラー参加数は1500以上(ダミーディーラーや中古トイディーラーを除いても最低1000以上はあるはず…)なわけだから、追加募集をすれば“なんともならない状況”というわけでもないと思うんですけど…
 むしろ、ホントのところは、「ディーラー参加」の申し込み状況より、400人限定の「一般参加」や「企業参加」の申し込み状況が散々だったんじゃないのか? という邪推もしたくなります。 2万6000円という高額なお布施を払って参加したい一般参加者がどれだけいるか疑問ですし… まぁ、仮にそうだったとしても、150ディーラー中107ディーラーにフラレたという事実に変わりはなかったりしますが…(^^;

 次回以降、もうちょっとこの話題が続く予定…
| 海洋堂 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by もも♂
「WF20」開催中止 【1】 23:59
 さてさて、「ワンダーフェスティバル」生誕20周年記念イベント「WF20(ワンフェス・トゥエンティー)」の開催中止が発表されて1週間以上が経ちました。 ガレージキットがメインフィールドではないもも♂がアレコレ言うのはいかがなものか? という思いもありますが、「食玩ブーム以降のワンフェス参加者」というスタンスではあるものの、「ワンフェス参加者」の1人であることは間違いないので、いろいろと思うことを…

 事の発端は、先月24日(土)発売の各ホビー誌で「WF20」開催中止が発表(早売りの雑誌を手に入れた方からの情報で、ネット上では21日(水)あたりから話題になっていましたが…)されたことから… 翌週26日(月)には【『WF20』公式サイト】でも各ホビー誌での発表を追認する形で「WF20 開催中止のお知らせとお詫び」という文章(『月刊ホビージャパン』と『月刊モデルグラフィックス』の2誌に掲載された文章と同一)を掲載、【kaiyodo.net】でも“来年の開催を予定し、WFガイドブックなどでお知らせしていたワンフェス20周年イベント「WF20」の開催が中止となりました。詳細は公式ホームページをご覧ください。”とのみアナウンス… 「WF20 開催中止のお知らせとお詫び」という怪文書に近い公式発表だけを残し、「WF20」はなかったことに…

 以下、「WF20 開催中止のお知らせとお詫び」をテキストに起こしたものです。 黒背景に白抜き文字でゴチャゴチャと書かれているうえに、画像ファイルで公開するという「読み手のことをまったく考えていない声明文」なので、テキストに起こしてみました。(^^;


WF20開催中止のお知らせとお詫び

 ワンダーフェスティバル(以下WF)2005[冬]の会場にて開催の旨を発表し、WF2005[夏]の公式ガイドブックや雑誌広告にて告知させていただいておりましたWF生誕20周年記念イベント「WF20」ですが、8月31日をもちまして締め切らせていただいた選抜ガレージキットディーラー様の参加申し込み状況が思わしくなく、我々がイベント実施への自己規約として設定していた「80件」という申し込み数には遠く及びませんでした。その事実を公にすることなく、しらっと二次募集、三次募集をかけ、イベントとしての規模と体裁を保つことも可能だとは思いましたが、関係者一同にて協議を重ねたところ、「イベントを成立させること自体が目的化してしまうくらいならば思い切って開催を中止したほうがよい」という結論に至ったことをここで報告させていただきたく思います。元より「まずガレージキット物販ありき」で企画したイベントではありませんが、「歴戦の勇士たる、WF参加経験豊富なディーラーの皆様方に参加していただいてこそのイベント」としてプランニングを進めてきた以上、「このまま力ずくで開催しても、おそらく誰も幸福にならない」と判断したがゆえの結果です。
 すでに参加申し込み書をご提出いただいているディーラーの皆様と一般参加の皆様、当イベントへの出演を快諾していただいたゲストの皆様には、お手数、ご面倒をおかけした上でこのような結果となり、誠に申し訳ございませんでした。なかでも、当イベントの趣旨に賛同していただいた43件のディーラー様には、結果的にもっともご迷惑をおかけし、また、もっとも落胆させてしまったことを深くお詫び申し上げたいと思います。
 「WF20」のプランニングはいまから遡ることちょうど2年前、’03年9月にスタートしたのですが、最初の難関にして最大の難関は、「どういった形式のイベントがWF生誕20周年記念に相応しいのか? どういった形式のイベントならば、多くの戦友や同志によろこばれるのか?」という、イベント形式の確定でした。この件に関し複数の関係者にヒアリングを重ねたところ、「せっかくの特別な場なのだから、レギュラーのWFと大差ない、ガレージキット物販を主体に据えたイベントでは意味がない」「WFの歴史を深く知る人たちと、近年になってからWFに参加しはじめた人たち(当日版権システム成立への過程や、同システムが有する危うさなどを知らない人たち)とのあいだに存在する意識のギャップを埋めるような場であってほしい」「売買一辺倒になってしまった近年のWFとは異なる、浜松町開催時代の初期WFのような、物欲とコミュニケーションを等価に捉えた場が望ましい」という声が数多く聞かれたため、そうした結果から導き出されたのが、「非物販コンテンツの重視」「ガレージキット物販参加ディーラーの選抜(招待)制」「深いコミュニケーションを育む一泊二日開催」というイベント形式であったわけです。
 こうした、これまでのガレージキット系イベントには存在しなかったスタイルを採用した時点で、皆様が少なからず違和感を覚え、それ相応の反発を生むであろうことももちろん承知の上でした。しかし、結果から言うと、反発うんぬんというよりも、「この程度の規模のイベントでは物販の売り上げでディーラー参加費を回収できない」「出店ディーラーが100件程度では1万円を超える参加費を払う気になれない」というガレージキット物販に関する声ばかり聞こえてきたのが現実であり、「非物販系コンテンツの重視」という我々の開催趣旨をご理解いただけなかったのは、広報活動の不足もあるのでしょうが、誠に残念でなりません。我々が意図したものは、「高い参加費を払った人しか参加できない閉ざされた空間で新製品をバンバン売り買いしましょう!」というようなものではなく、「まずはいつもの売り買いをコミュニケーションの入り口にして、WF20周年についての話をしに来てください。損得勘定とは別次元の、日常生活には絶対にあり得ない濃い一夜をいっしょに過ごしましょう」というところにあり、その旨は、「WF20」開催発表直後から機あるごとに明確に謳い続けてきたつもりでいたのですが……。
 何にせよ、高額な参加費を頂戴しながら、ガレージキット物販を最重視した参加者の皆様における過大な期待を裏切るような結果を招くよりは、そうした「誤解から生ずるトラブル」を回避し、早い段階で潔く開催中止を決定してご報告申し上げることが主催者の責務と考え、ここに発表させていただくこととなった次第です。
 「WF20」につきましてはこのような結果となりましたが、レギュラーのWFにつきましては、これまでと同様の「ガレージキット物販最重視」という形での開催を続けていく所存でございますので、皆様方により一層のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 WF20製作委員会一同

 えぇっと… なんなんでしょうね、この後味の悪い文章は… 公式サイトの【FAQ】ページもかなり「?」な内容ですが、これはそれを超える…(^^;

 で、結局、なにがあったのさ? については、次回以降に… 【つづく】

 あっ、通常の「ワンダーフェスティバル」は“物販最重視”で開催されるそうですので、ご安心を!
| 海洋堂 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by もも♂
| 1/1 |